ごあいさつ

はじめまして。樋口千鶴です。

ホームページにお越しいただきまして
ありがとうございます。

当会は

  1. 呼吸法を大切にしたヨガ
  2. 栄養講座
  3. 骨盤体操などのフィットネス

を提供しています。

年代・性別にかかわらず、ステージごとの「ココロとからだにいいこと」をご提案してまいります。
一期一会。出会うことのできた皆さまが、それぞれのステージで健康にいきいきと輝いていただけますようサポートさせていただけたら幸いです。

プロフィール

salon de yoga エトワール 代表 樋口 千鶴

  • salon de yoga エトワール主宰
  • 静岡アスリートサポート協会理事
  • SBS学苑静岡新聞社講師
  • 静岡市地区社協講師
  • 静岡市生涯学習推進課講師
  • 一般社団法人 静岡野球育成機構講師
  • 静岡市PTA母親委員会講師
  • マインドフルネス研究講師(静岡アスリートサポート協会内)
  • 幼稚園~中学校へ多数講師として招聘

都内保健センターにて栄養指導(栄養士・昭和女子大学卒)を経て、1998年静大附属幼稚園「クララ」にて「バレエストレッチ」講師よりフィットネス指導を始める。
静岡サンケイリビングカルチャー「産後シェイプアップ」「バレエダイエット」を担当。2009年「骨盤調整プログラムの提案~産後から続く不快症状を改善し、生涯健康を目指す~」を、アイセルカレッジ修了レポートとして小嶋善吉静岡市長へプレゼン。2010年4月「エトワール」起業。

徳島県旧美馬郡(美馬市)にて祖父より座禅を 茶道教授の母より「茶禅一味」の心を学ぶ。日本初のヨガ修行者中村天風氏の講演会からヨガ研究を始めた祖父よりヨガの手ほどきを受け、大学時代に綿本昇氏に師事して以来、日本国内・米国(マインドフルネス)・中国にて学ぶ。ヨガ歴40年。
2017年静岡アスリートサポート協会理事に就任。静岡におけるアスリートたちのサポート事業においても活躍中。

ごあいさつ

数あるヨガ教室の中から、当会をご訪問いただき感謝申し上げます。

わたくしは5歳からクラッシックバレエ、10歳よりモダンバレエのお稽古に励み、中学の部活動では新体操を経験しました。

11歳の時、ネフローゼ症候群(浮腫、高熱、吐き気など)を経験します。ネフローゼは投薬治療ではないのです。元気な盛りの小学生が安静にして、塩分、たんぱく質制限など食事制限をするのです。

厳格な食事療法と家族のサポートのおかげで快復し、健康を取り戻しましたが、、、。この体験はその後の人生に大きな影響を与えました。

幼い頃より意識せざるを得なかった食生活。それがあったからこそ健康を取り戻した私は、大学時代には栄養学を専門的に深めました。

社会人(栄養士、会社員)を経て結婚し、二人の男の子を授かることができました。息子たちは柔道、野球、水泳、サッカー、バスケットとスポーツが大好きな少年に育ちました。

母となりまして、一層「食」を意識してまいりました。自分のみならず家族も「健康」でいられることは得難き幸せなのだと思います。

「食べる力」は「生命力を高める」ための身近な「予防医療」ではないでしょうか。

併せて、当会へご依頼いただく「ヨガ」や「骨盤体操」「ベビー抱っこダンス」には、すべて「呼吸力」がベースにございます。

この世に生を受けた赤ちゃんは、「おぎゃー」の第一声の吐く息から始まり、この世の旅立ちの時には[息をひきとる]吸う息で終わります。呼吸法による「ココロとからだ」に与える影響の大きさに気づいていただけたらと願います。

クラシックスタイルなヨガ

ヨガにおける日本国内の歴史は、遣唐使が持ち帰った書物にあったとされています。空海さんは「中国の健康体操」ととらえお稽古していたという資料は大変興味深いものです。

それから約1500年を経て、日本でも第一次、第二次ヨガブームが起こりました。近年ではビールヨガやヌードヨガなどもでてきました。ヨガのすそのを広げ、始めるきっかけになるのは良いことです。

しかしながら、わたくしは第一次ヨガブーム以前に祖父よりクラシックスタイルのヨガ指導を受けた身でありますから、心身鍛練がヨガのベースにあると思っております。フィジカル面だけでなく精神の鍛練~瞑想~も大切にしてゆくヨガ導者でありたいと思うのです。

ココロとからだの両面から健康をご提案していけたらと願っています。

この世を生き抜くすべての人へ。当会理念忘れることなくアスリート、社会のお役にたちたいと願っています。

樋口千鶴