小麦を控えてみようと思います(ゆる~いグルテンフリーダイエット)

きっかけは測るだけダイエットのグラフ


先日ブログ3キロ減量しますと宣言しました。
自信ありましたよ、そりゃ。自分自身は栄養士ですし、ヨガ講師です。
ダイエットの三本柱→食事×運動×睡眠はバランスとれているはず!
①ちょっと夕食を減らす
②朝晩体重を計りグラフで見える化する

しかも②は測るだけダイエット(NHK試してガッテン番組発のダイエット法)として知られていますが、その成功率は約8割といわれています❗

しかし…2週間が経とうとしているのに、全く体重は減っていかないのです。上のグラフは一目瞭然に物語っています。
なぜ?体でなにが起きているの?

コンビニパンで体調に異変

ある朝、5時に到着しなければならない現場があり、コンビニ菓子パン&ホットコーヒーの朝食を車中で済ませました。しばらくして体がダル重に。頭痛も少~し。

口当たりよく簡単に食べることのできるコンビニのパン類ですが、マーガリンのトランス脂肪酸を避けたいので、何年も食べていませんでした。
ベーカリーのバゲットでは体調に異変はありません。

歳をとれば基礎代謝も低くなる

食事量を減らしても体重に変化が見られず、コンビニパンで体調の異変がある。パンでも、週一で購入しているベーカリーのバゲットは大丈夫。

となると…菓子パンに含まれている白砂糖や前述のトランス脂肪酸、食品添加物をからだが拒否しているのでは?加齢により代謝が落ちてるため消化できなくなっているのでは?と予測を立てました。

代謝を上げるには、体を冷やさないようにしなくてはなりません。あと筋肉量を増やすことも大切です。

陰陽

食品には体を温めるものと、冷やすものがあります。

表にもありますが、菓子パン含む体を冷やす小麦粉製品を控えてみようと思います。

グルテンフリーダイエット(小麦など※グルテンを含む食品をとらない食事法)として有名ですが、まずは主食をご飯にして様子を見てみます。パスタやピザ、うどんやそうめんも控えてみようと思います。
朝晩の体重計測は続け、また減量結果をご報告します。

グルテンは、小麦、大麦、ライ麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種の事。